アニマルウエルフェア連絡会

人と動物との適切な関係づくりを考えます。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 
動物愛護法見直しとパブコメ〆きり。
 改正動物愛護法が施行されてから、おおむね5年後の見直し時期がせまったことなどをうけて、勉強会なども盛んになっています。
 もちろん、法を適切に執行するために、不備な部分の改訂などは欠かせないと思います。しかし、現行法の施行や実行に熱心だったとも思えない自治体からの、「法を忠実に執行するためには、法律と全く同じ内容の条例がなくては現場の役人が動けない。」という詭弁も役所の現場の本音のようで、さもしい限りです。
 東京荒川区条例をまねして、違憲立法や行政民事介入や裁量権の逸脱などと囁かれながら、法を超えて市民の行為を制限する条例計画に興味を示す役所があります。
 そのような不適切と思われる事態の起こる原因を「我が国には、動物基本法が無い。」ことをあげる意見があります。
 「動物には命がある。」ことを定めた「動物基本法」があるとき、「カラスやねこへの給餌には、所有者責任が生まれるので、カラスやねこが周辺環境を侵すときには10万円の罰金。」などという、三段論法のような奇妙な条例なども思いつかなくなる・・・などの考えからです。
 動物愛護法による告示の「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」で、「人材育成」の項目の「現状と課題」に続く「講ずべき施策」には、「動物愛護管理行政の担当者の専門的な知識や技術の習得に対する支援を行うこと。」とあります。つまり「担当者の専門的な知識や技術の習得」は、法令遵守による行政の実行項目です。

 臭いモノに蓋を被せる条例計画よりも、担当者の専門的な知識や技術の習得が先決と思われるのです。担当者には、机の上からの知識はもとより、現場に出向いて対処する技術も必要と思うのです。

 中野区条例に対するパブコメの〆切りは1月15日にせまり、|関係のウエブサイト|(←クリック)も随時更新されています。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.